入学式・入園式 ママの着物の知識:カテゴリー

入園式・入学式 母親・ママの和装(着物スタイル)

入学式・入園式 ママの着物の知識コメント(0)

入園式や入学式にママ・母親が着物を着る場合、ふさわしい和装スタイルは、
「訪問着」「付け下げ」「色無地」「小紋」の4種類。

フォーマルとして着用する場合は、一つ紋あるいは、3つ紋を入れたものが理想です。

  どんなスタイル?   イメージ
訪問着

訪問着は、留袖や振袖の次に格の高い着物として、既婚者(ミセス)、未婚者(ミス)の区別なく着る事が出来ます。

用途も広く、入学式以外にも、結婚式やパーティーなどで着る事が出来ます。

準礼装としては、3つ紋を入れますが、一つ紋の方が使いやすい場合もあります。

付け下げ

付け下げとは、肩山に向かって上向きになるよう模様つけされた着物のこと。

訪問着より染める工程を簡略にしたもので、般的に訪問着よりも略式ですが、仕立てあがると訪問着と区別のつかないものもあり。

現在では、訪問着と同じように着られる事が多いです。

色無地

3つ紋の場合は、準礼装。一つ紋だと略礼装にあたります。

地味な印象になってしまうこともあり、帯で華やかさを出すのがコツ。

小紋

総柄模様の着物で、着物全体に同じ模様が繰り返されているのが小紋です。

おしゃれカジュアル的な要素がある小紋ですが、古典柄や、華やかさのある小紋は、訪問着的に着る事ができるものというとらえ方が、現在での主流です。

 

 

なお、色留袖は 着物の中では一番格式の高いスタイル(ドレスで言えば、イブニングドレスやアフタヌーンドレスのクラス)なので、一般的には着用しません。