大切なスーツやコートを長持ちさせる お手入れ方法

大切なスーツやコートといったお気に入りの洋服も 正しいお手入れ・ケアをしてあげることで、とっても長持ちさせることができます。

(日常のケアと保管方法)

  •  ハンガーには必ずかける
  • 着たら汚れ具合を必ずチェックして、ほこりを払ってクローゼットに入れる
  • 雨に濡れた場合は、タオルで拭き取って自然乾燥してからクローゼットにしまう。

洋服のシルエットを崩さないように、掛けるハンガーは、アームが細過ぎるものや、極端にサイズがあわないものは、避けた方が良いです。

ものすごい汚れは、クリーニングが必要ですが、日常的に着ただけならば、ほこりを払いハンガーにかけてクローゼットにしまうだけで十分です。

保管するときは、ほこりよけのために、ビニールカバーではなく市販されている不職布カバーや、防虫カバーをかけておくことがポイントです。

(クリーニングに出す頻度)

シーズンに何回も着るものなら、着用するたびにクリーニングに出す必要はありません。クリーニングも出し過ぎると服の痛みの原因になります。頻繁に着用するものでも、ワンシーズンに1~2回が目安です。

冠婚葬祭などのフォーマルスーツは、着用した後、もうばらく着ないと思ったら、クリーニング。そうすると次に着るときに、ぴかぴかです。

そして、クリーニングに出したら、必ずビニールの外カバーは外しましょう♪これを付けたまま、クローゼットにしまうと、ビニールは空気を通さないため、なーんと 虫くいやカビの原因になったりするらしいです。

クリーニングに出して、キレイなはずなのに!?ってなってしまいます。

なお、最近では 保管にそのまま使える「防虫カバー」を取り入れているクリーニングショップもあるようですので、そんな場合は、カバーごと収納出来ます。