入園式・入学式にブランドバッグはタブー?

一流ブランド品のバッグは、上質で作りが良くて、フォーマルにあったデザインのものをお選びになれば、それこそ入園・入学式とはじめとしたフォーマルバッグとしては文句なしでしょう・・・

けれども、正装(フォーマルスタイル)のバッグを選ぶ時の基準は、当然価格ではありませんし、一流バッグの全てがフォーマル向きとは考えてはいけないようです!

 例えば、ブランドの頭文字等をとってデザインしたモノグラムロゴ(やロゴを使った柄もの)は注意が必要です。素材と同化している様なデザイン(例えば革にロゴを型押ししているようなもの)ならば問題はないのでしょうが、ロゴばっかり主張しているタイプのもの、タウンショッピング向きにデザインされたものは、入園入学式では浮いてしまいます。

また、高価なブランド品とはいえキャンバス地のものも、タウン向けのデザインという印象が強いので避けた方が無難かもしれません。確かにお値段は高価な高級品でも、カジュアルOKなデザインだと、普段のバッグを持ってきた感もあります。

 むむむ、重要なのは見極め・・・

 結婚や婚約の記念、お子様の誕生などなど・・・と思いのこもった大切な節目に選んだお気に入りのブランドのバッグを、お子様の入園入学式に お持ちになる事ほど、素敵な事はありません!私も、実は亡き母から譲り受けたブランドのバッグを子供の幼稚園の入園式の時に使いました。母の思いがこもったバッグで感激もひとしおでした。