お祝い事に真珠の一連ネックレスはタブーって言われた経験

お祝いの席に一連(シングル)パールはタブーなのでは、迷っている方もいらっしゃるのでは。実は、そんな事はないんですよ~。

このお話の根本は、喪のマナーからきています。ご不幸の席での服装である喪服の場合は「一連パール」が良いとされています。それは、不幸が幾度も重なってしまわないように・・・という理由からだそうです。だから、2連パールや3連パールはご不孝な時は避けるべきとされているのです。

これを、"一連パール=喪"と連想してしまって、お祝いの席に喪を連想させる一連パールは良くないんだったっけ?と思われてしまったようです。

一連パールで、思い浮かべるのが一方で花嫁さん♪そもそも一連がタブーだったら、花嫁さんだって一連のパールのネックレスをウエディングドレスに付けることが出来ません・・・

だから、入園式・入学式そして卒園・卒業式にも1連パールでも大丈夫です・・・それでも気になる場合は、お持ちのパールに小さなペンダントを合わせて重ねづけ♪としても素敵です。連を調整できるパールネックレスなど利用されたら便利かもしれません。お姑さんなどが勘違いされていた場合なんかは、「お母様!本当は違うんですよ」とは言いにくいですよね?!やっぱり(汗)

プチプラ天然パール
淡水パールネックレス/ホワイト系
天然なので、美しさもアコヤに劣らない。扱いやすく、粒の大きさの選択の幅も広いのが淡水パールです。
6,900円
淡水パールネックレス/ピンク系
カラーバリエーションが豊富なのが淡水パール。お洋服にあわせて選ぶのも楽し♪
5,900円
あこや本真珠ネックレス
海の宝飾として、女性の憧れ「あこや真珠」
銀座のお膝元で、宝飾卸業の街として有名な
東京・「御徒町」から、お値打ち9,800円